ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

夢がさまよう森―遠い昔のあの声に〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。だが今、ジェイリッドはいらだっていた。父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。相続のことで連絡をとろうとしているのに、はじめから無視されてしまったのだ。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりしてジェイリッドにそっけない態度をとったものの、彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、かつてないほど心が騒いでいた…。

内容(「MARC」データベースより)
父親の遺産を相続した女性と連絡がとれず、弁護士のジェイリッドはいらだっていた。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも、彼の魅力的な目とほほえみに心が騒ぎ…。

愛という名の遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父チャールズ・ランドンが遺したハリウッドの映画製作会社は経営状態が悪化して、破産寸前になっている。解決には、次男ザックがあたることになった。会社の経営を任されているのは、イブ・パーマーという若い女性だった。その美貌を武器に、親父をたぶらかして現在の地位についたんだろう。ザックにそう思わせるほど、イブは魅力的だった(『シネマ・ウエディング』)。「ぼくみたいな男を欲しがっている自分にうんざりしていませんか?」ある慈善パーティの会場で、カイラは耳元にささやきかけられた。相手は長身で最高にハンサムなラテン系の男性だ。彼は続いてさらに悔辱的な言葉を投げつけ、去っていった。それから数週間後、カイラはカリブ海への旅に出た。だが、ベネズエラの港町で、パスポートも財布も盗まれてしまう。そこに現れたのが、パーティで出会った無礼な男、アントニオだった(『春の花嫁』)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラブ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネイビー・ウーマン―恋人はネイビー〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
もううんざりだわ。ニューランド中佐はなぜ冷たくするの?ハワイからワシントンへ転勤してきて一カ月。キャサリン・フレデリクソンは少佐として着任以来、上官のロイス・ニューランドに、つらくあたられている。ハワイではみんな友だちみたいで、一緒に働くのが楽しかったのに。彼は長い髪の女になにかうらみでもあるの?噂では独身らしいけど、ちっとも不思議じゃないわ。だけど、仕事ができて、男らしくハンサムなのは認めざるをえない。ときどき、まるで珍しいものでも見るようにじっと見つめられ、キャサリンは中佐の心が量りかねた。それに、とまどってしまう自分自身もわからない。しばらくして、週末にショッピングを楽しんでいるとき、キャサリンは思いがけない姿の中佐と出会った。片手で少女の手を引いている。どう見ても親子だわ。彼は結婚していたの?じゃあ、あの熱い視線はなんなの。

勇敢なる男たち (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『恋に燃えて』―二日酔いで痛む頭を抱えて目を覚ましたイーサンは、同じベッドで眠る女性の顔を見て、唖然とした。ロージー!まさか僕は彼女と一夜をともにしてしまったのだろうか?イーサンの仰天した顔を見て、ロージーは笑みをもらした。どうやら成功のようだわ。妹みたいな存在でいるのにはもううんざりだ。彼を誘惑し、振り向かせてみせる。『恋に揺れて』―通りかかった男性を見て、ヘイリーは思わず叫んでいた。「ブレット?」八年ぶりに再会した彼は、体中からたくましさとセクシーさがにじみ出ている。彼に抱きしめられて今の状況を忘れかけたヘイリーははっとした。男性に頼って裏切られ、すべてを失うのはもうごめんだ。たとえこの大地震後の惨状の中でも、我を忘れてはいけない…。『恋に溺れて』―この危機を脱することができたら、生き方を変えてみせる。嵐の中吹き飛ばされまいと木にしがみつきながら、モリーは固く誓った。もっと大胆に奔放に行動するのだ。だが唯一の支えだった木の幹がまっぷたつに裂けた!悲鳴をあげた瞬間、大柄な男性が現れた。彼のたくましい腕に抱きかかえられ、モリーの全身を熱いものが走り抜けた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォスター,ローリー
ハーレクイン・テンプテーションを代表する作家。高校時代からの恋人である夫と三人の息子とともにオハイオ州に住む

コーフマン,ドナ
簿記係、美容師、美術講師など様々な職業を経験したのち、1993年に作家活動を始める。現在はハーレクイン・テンプテーションで活躍中。夫と三人の息子と共にヴァージニア州に住む

シャルヴィス,ジル
ジャーナリストとしてキャリアをスタートさせたが、今では主にロマンス小説を執筆している。夫と三人の幼い子供たちと共にカリフォルニア州レイク・タホに在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

傷だらけのヒーロー―孤独な兵士〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
若くして未亡人となったリサ・モンローは、途方に暮れていた。麻薬捜査官の夫が、結婚して数カ月で麻薬組織に殺され、ひとりぼっちで牧場を切り回していかなければならなくなったのだ。生前の夫は浮気性だったので、幸せな結婚生活ではなかったが、二十一歳という年齢で頼れる身内がいなくなったのはつらかった。そんなとき、思いがけず、無愛想な隣人サイ・パークスが、牧場の仕事を手伝ったり、お金に困っている彼女の面倒を見たりと、救いの手を差し伸べてくれるようになる。守るようにそばにいてくれる彼に、リサはしだいに惹かれはじめた。だが、サイがリサのそばにいたのは、彼女の夫を殺し、今またリサ自身の命を狙っている麻薬組織に、復讐するためだった。かつて彼も同じ組織に、妻と息子を奪われていたのだ…。

きっとまた会える―モンクロワ公国物語〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
世界で最も華麗な一族、モンクロワ公国ジロドー王家。だが、第二王女のノエルだけは地味な存在だった。激しい感情とは無縁に人生を淡々と生きるノエルの元にある日、一枚の招待状が届いた。表紙にはアメリカ西部の開拓時代の絵が描かれていた。その絵になぜか激しく心を揺さぶられたノエルは、現地であるアリゾナ州ウイスキー・リバーへ向かった。そして車を走らせている途中で事故にあい、信じられないことに、百年前へとタイムスリップしてしまう。助けてくれたのはウルフというインディアンの血を引く男だった。史実によれば、ウルフは無実の罪でもうすぐ処刑されるはず。そのときノエルは確信した。私はこの人の命を救うために百年もの時をさかのぼって、ここまで来たんだわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
カリフォルニア生まれ。物心ついたときから書くことが好きだった。フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥディ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛よ、おかえり〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『妹なんて呼ばせない』―七歳で両親を亡くしたエミリーは、クレイ家に引きとられた。エミリーは荒っぽい兄弟たちとともに育ち、少々おてんばだが恋に一途な女性に成長した。彼女の弱みはただ一つ、兄ジェファーソンへのかなわぬ思い。ある日、彼はエミリーの前に久しぶりに姿を現した。顔も体も傷だらけで杖までついている。『手に負えないプリンセス』―ジェイミーはダブルC牧場で、コック兼家政婦としての仕事をしている。しかし、牧場主マシューはなかなか彼女を認めなかった。都会育ちのジェイミーの安全を心配していたのだ。ある日、買物からの帰り道に悪天候に見舞われ、ふたりはホテルの一室で一夜を明かすことになり…。

裏切られた再会―美しき報復〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三十一歳のディー・ローソンは急死した父の遺志を継いで、故郷ライ・オン・アバートンの人々のために、チャリティー委員会の責任者として力を尽くしていた。不幸な若者らを救おうとチャリティー規約の変更を思い立ち、委員会の創立メンバーである父の旧友ピーターのもとを訪れた彼女は、そこで、かつての恋人ヒューゴと劇的な再会を果たす。二人は大学時代、ピーター教授の主宰するゼミの仲間だった。ディーの父の死が原因で心ならずも別れた二人だったが、彼女にとって再会はけっして甘いものではなかった。ヒューゴはディーに冷たく接したうえ、ピーターの委託を受けて、ディーの規約変更案に反対する意思を明確にしたのだ。愛憎のドラマが再び始まり、父親の死を巡る謎が明かされていく…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

銀色の夜明けに―熱いハートの勇者たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「やっとのことでペルーの麻薬組織をつぶしてきたところなんだぜ」安全保障会社『ペルセウス』では、任務終了ごとに休暇が与えられる。それなのに、帰国したジェイクを新しい仕事が待っていた。依頼人の不動産王はなぜか興奮気味に、娘をアマゾンの奥地から連れ戻してほしいと言い張った。誘拐してでもいいから、という言葉に不審なものを感じたが、環境破壊をくいとめるために闘っている娘の話が気に入った。上司は、ものごとに夢中にならないところがジェイクの長所だと言う。だが、彼はインディアンの血を引く娘、シャーに心を奪われていた。勇気ある行動と美貌に導かれ、ジェイクは彼女のもとへ向かう。実際のシャーは写真よりはるかに美しく、毅然としていた。彼女のボディガードとなろう。そう決意したとき、ジェイクは確信した―これは人生の冒険だ。

秘密の一夜―秘められた思い〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
元バイクレース界のヒーローで名うてのプレイボーイ、ニック・サントスは、食料品店ですばらしい美女を見かけ、思わずあとを追っていた。こっちを向いてくれ…。ニックの祈りが通じたのか、彼女が振り向いた。その女性と目が合った瞬間、ニックは彼女を落とすことを心に決めた。マギーはショックのあまり、食料品店の真ん中で凍りついた。ニックがこの町に帰っていたなんて…。しかも魅惑的な笑みを浮かべ、こちらに向かって歩いてくる。学生時代、地味だったマギーには、ニックは憧れの存在でしかなかった。だが五年前、彼はマギーの人生を永遠に変えてしまった。でも、彼はあの夜の真相をいまだに知らない。私が誰だかも覚えていないのだ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マコーリィ,バーバラ
これまでにシルエット・シリーズから二十冊以上の作品を出し、そのすべてがウォールデン・ロマンス・ベストセラーリストに載っている。RITA賞候補作にも六度選出された。夫と南カリフォルニアに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo台東クラブooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo ビバ!プリプレスooo 千葉スポーツ施設MAPooo 上野情報.comooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 山手線エリアで味わえる庶民の味!BQグルメooo アキバ中毒のページooo おいしいくだものメニューooo GOGO!江戸川区!ooo アメ横一番!ooo AV機器ooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo パンマニアーナ@千葉市ooo A&Dooo 電子たばこooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ガシャポン戦死!ooo