ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

砂漠の花嫁―リン・グレアム傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
学生時代ベサニーは、留学していたアラブの国の王子と知り合った。たがいに惹かれ、王子ラズルはついにベサニーを強く求めた。しかし、文化が違いすぎてベサニーは拒否し、王子は去った。あの時の別れのつらさは、今もベサニーの心に深く残っている。だが、二年後、仕事でアラブに派遣され、着いてみたらダタール国の宮殿に連れていかれて、ベサニーは驚いた。この出張は、ラズルのさしがねだったのだ。絢爛たる宮殿で、ラズル王子はこのうえなく甘美にベサニーを誘惑する。怖いほど端整で、エキゾチックな彼の魅力には今にも負けそうだけど、この宮殿には、二百人もの愛妾がいるハーレムがあるという。奥方だって何人いるのかわからないような人を、受け入れることなど、絶対できないわ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

領主の花嫁―遙かなる愛の伝説 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ノルマン人領主のサー・ニコラスが花嫁候補を城に招いている。リオナはその話にまったく興味を覚えなかったものの、乗り気のおじに連れられ、しかたなくダンキース城を訪れた。ところがサー・ニコラスと目が合った瞬間、リオナは恋に落ちてしまう。貧しいスコットランド人の娘が、領主の花嫁に選ばれることはないと知りながら…。

内容(「MARC」データベースより)
ノルマン人領主のサー・ニコラスが花嫁候補を城に招いている。リオナはその話に興味を覚えなかったものの、乗り気のおじに連れられ、しかたなく城を訪れた。ところがサー・ニコラスと目が合った瞬間、リオナは恋に落ち…。

愛という名の遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父チャールズ・ランドンが遺したハリウッドの映画製作会社は経営状態が悪化して、破産寸前になっている。解決には、次男ザックがあたることになった。会社の経営を任されているのは、イブ・パーマーという若い女性だった。その美貌を武器に、親父をたぶらかして現在の地位についたんだろう。ザックにそう思わせるほど、イブは魅力的だった(『シネマ・ウエディング』)。「ぼくみたいな男を欲しがっている自分にうんざりしていませんか?」ある慈善パーティの会場で、カイラは耳元にささやきかけられた。相手は長身で最高にハンサムなラテン系の男性だ。彼は続いてさらに悔辱的な言葉を投げつけ、去っていった。それから数週間後、カイラはカリブ海への旅に出た。だが、ベネズエラの港町で、パスポートも財布も盗まれてしまう。そこに現れたのが、パーティで出会った無礼な男、アントニオだった(『春の花嫁』)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラブ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ド・レーシ家の物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十三世紀末のイングランド。国王から結婚を命じられ、エイズリー・ド・レーシは怒りと落胆を感じていた。それも国王の騎士の中から、勝手に夫を選べと強要されたのだ。でも、もしわたしがとんでもない相手を選んだら、無理に結婚しなくてもいいと言われるのでは?そう、“赤い騎士”と呼ばれるモンモランシー男爵なら…(「悪魔の花嫁」)。ベルブライの領主ニコラス・ド・レーシの胸は怒りにたぎっていた。八つ裂きにしても飽き足らない恨みのあるヘクサム男爵を、妹の夫に先に討ち取られてしまい、憎しみのはけ口がない。悶々としていたある日、国王から急使が遣わされた。ヘクサム男爵の唯一の後継者である彼の姪ジリアンを妻とせよという。ニコラスは復讐の想像にゆがんだ笑みを浮かべつつ花嫁を城へ迎えた(「尼僧院から来た花嫁」)の2作を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
オハイオ州マンスフィールド生まれ。二児の母。ジャーナリストをへて、作家となる。日本で一番の人気を誇るヒストリカル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ムーンライト・ダンス―オハーリー家の物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マディはブロードウェイのミュージカルで活躍するダンサー。新作の稽古に入ったある日、彼女は引ったくりに襲われたところをショーの出資者リード・バレンタインに助けられた。明るく自由奔放なマディと仕事一筋の堅物リード。正反対のふたりだが、初めて会ったときからお互いに強く引かれあう。ひたむきに彼の愛を求めるマディ。かたくなに心を閉ざすリード。ショーの初日が迫っても、ふたりの心は平行線をたどるばかりだ。リードは何かを隠している。そう確信しながらもマディは彼の女性不信の原因をつかみきれない。リードが心の扉を開き、ふたりの愛が実る日は来るのだろうか…。

裏切られた再会―美しき報復〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三十一歳のディー・ローソンは急死した父の遺志を継いで、故郷ライ・オン・アバートンの人々のために、チャリティー委員会の責任者として力を尽くしていた。不幸な若者らを救おうとチャリティー規約の変更を思い立ち、委員会の創立メンバーである父の旧友ピーターのもとを訪れた彼女は、そこで、かつての恋人ヒューゴと劇的な再会を果たす。二人は大学時代、ピーター教授の主宰するゼミの仲間だった。ディーの父の死が原因で心ならずも別れた二人だったが、彼女にとって再会はけっして甘いものではなかった。ヒューゴはディーに冷たく接したうえ、ピーターの委託を受けて、ディーの規約変更案に反対する意思を明確にしたのだ。愛憎のドラマが再び始まり、父親の死を巡る謎が明かされていく…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂漠の王子たち〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『略奪された花嫁』アリナーはパルバン王国の皇太子カビアンの妃として新生活を始めた。だが、陰謀うずまく宮廷で孤立したアリナーは、黙って夫のもとを去るしかなかった。そして、三年余りが過ぎ…。アリナーは外交官のプロポーズを受け、結婚式の開始を待っていた。ところが、現れたのは白いローブ姿のカビアン。彼は有無を言わせずアリナーを引き寄せ、さらっていった。『暗闇のシーク』アンナは交通事故で頭を打ち、記憶障害を起こした。目を覚ましたとき、カリスマ性のある、たくましい男性がそばにいた。「ダーリン!自分の夫くらいは忘れないでくれよ!」夫ですって?私は結婚しているのも忘れてしまったの?混乱する彼女を、その男性は病院から強引に連れ出した。だが、病院から出たとたん、彼の態度が冷ややかなものに変わった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
セラーズ,アレキサンドラ
カナダに生まれ育ち、演劇を学ぶためにロンドンに留学。現在、中央アジアと中東の人々、言葉、宗教、歴史を愛し、ヘブライ語とペルシア語を学び、現在はアラビア語に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時は、やさしく―未来から来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
故郷も、家族も、自由さえも捨てさせて、兄を奪ったのは、いったいどんな女性なんだろう?ジェイコブ・ホーンブローワーは二年という歳月をかけて、兄の居所をつかみ、正確に目的の場所に到着した。その、雪のオレゴン州クラマス山中の山小屋では、サニー・ストーンがひとりで姉夫婦の留守を預かっていた。二十三歳になるのに自分の進むべき道が見つからず、彼女は、なにか大きなことがしたいと模索中だった。そんなところへ突然現れたジェイコブという男。実に不可解な存在で、義兄の弟だというけれど…。サニーは知る由もなかった―彼が、兄を連れ戻すために時空をこえてタイムトラベルしてきた、二十三世紀の人間だということを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

コックピットの恋人―エメラルド色の誘惑〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この傲慢な女性がパイロットだって?黒い戦闘服姿で現れたダニー・サマーを見て、医師ジョナス・ノーブルは唖然とした。彼は富豪ジェローム・サマーに往診を依頼され、迎えのジェット機で飛び立つところだった。なぜか敵対的な態度をとる彼女に命を預けることに、ジョナスは言いようのない不安を覚える。一方、ダニーは、正体不明の人物の訪問目的が気になっていた。ミスター・ノーブルを田舎の屋敷につれてきてほしいと父から頼まれたが、それ以上は何も教えてくれなかったのだ。屋敷に着いて彼が医者だと知ると、ダニーの心配は一挙につのった。父は病気なの?なんとしても確かめなくては。後日、彼女は美しさを武器にノーブルに近づいた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛を約束された町〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『待ちわびた告白』―グレイディとキャロラインは幼なじみ同士だが、顔を合わせれば喧嘩になってしまう仲だった。あるとき、グレイディの弟がキャロラインに接近し始める。女たらしの弟に彼女を取られたくはない。ついにグレイディは心を決めた。キャロラインを誘うのはこの僕だ。『西部のプリンセス』―プロミスに来て数カ月たつのに、ジェーンは町に溶けこめなかった。そんなある日、友人がジェーンのためにブラインドデートを企てる。相手の男性キャルは、結婚式の直前に婚約者に逃げられたことがあり、女性はもうこりごりだと思っているという。だがキャルは、町になじもうとするジェーンに好意を抱き始める―ちょっとのあいだ楽しむだけのつもりで。

内容(「MARC」データベースより)
幼なじみのグレイディとキャロラインは喧嘩してばかりの仲。しかし、グレイディの弟がキャロラインに接近し始めたことをきっかけに、グレイディの心に変化が…。2000年刊「待ちわびた告白」「西部のプリンセス」の合本。

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo夏はプールだ千葉特集ooo 千葉の事。ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo 風呂の事ooo ファッション.コレクションooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 「TaEco」(タエコ)ooo ビジネス.コレクションooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 川は生きているooo 千葉文化ぶんか!ooo A&Dooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo 葛飾区を知れ!ooo リネージュIIクロニクル2ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo 美容.コレクションooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo アキバ中毒のページooo