ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

アラビアの花嫁―華麗なる転身〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従姉のエリカと同居していたフレディは、遊び回る従姉に代わって、彼女の子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカの事故死でそんな暮らしが一変する。フレディはベンを自分の手で育てたいと願うものの、定職を持たないので生計を支える手段がなく、ベンの父親が送ってくる多額の養育費に頼る日々だ。思案に暮れるフレディの前にある日、見知らぬ男性が現れた。クアマール王国の皇太子ジャスパー・フセインなる人物で、ベンの父親の弟だという。「母親失格の君からベンを保護するのが僕の役目だ」驚くフレディに、皇太子は甥を国に連れて帰ると宣言した。わたしをエリカと間違えているんだわ。戸惑いつつも、ベンと別れたくないフレディはある奇策を思いついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

再会のテキサス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
2年ぶりに故郷サンアントニオで再会したジョセットとマーク。レイプ事件での疑惑や、彼女の秘密ゆえの苦い思い出を拭い去れないまま、ふたりは殺人事件の捜査に当たるが…大好評を博した前作『砂漠の君主』に続くダイアナ・パーマー渾身のロマンス。

From Publishers Weekly
A bizarre misunderstanding between the hero and heroine fuels the tension in this otherwise unremarkable romantic suspense novel. Texas Ranger Marc Brannon and Josette Langley, a junior investigator for the DA's office, share a checkered history. As a teenager, Josette was assaulted by a local politician's son and then made out to be a liar in court; Marc even helped testify against her. Years later, Marc and Josette began an affair that ended abruptly when Marc discovered that Josette's hymen was too thick for penetration. At the time, Marc branded Josette a tease because she was willing to sleep with him but unable to complete the act, and he walked out on her, claiming that she was never "woman enough" for him. Now Marc and Josette are paired to investigate a murder that may be connected to the Mob. While the mystery plot unfolds predictably, the two try to sort out their past grievances. Palmer's fans are drawn to her macho cowboy heroes, but Marc's off-putting jokes about Josette needing "minor surgery" and his demands that she get therapy so that she'll stop being "sexless" are aggravating. Despite the steamy sex scenes that warm up the pages once the two eventually do connect, this is a passable romance that may please Palmer's current fans but won't convert new ones. Copyright 2001 Cahners Business Information, Inc. --このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

愛の待つ港―恋人はネイビー〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
信じていたフィアンセから一方的に婚約を破棄されたリンディは、傷心を抱いて、兄の住むシアトルにやってきた。つらい過去を忘れ、新しく出直すためだ。兄のスティーヴもルームメイトのラッシュ・キャラハンも海軍士官。二人とも航海に出ていて、アパートは自由に使える。ところが、部屋に落ち着いて二日目、とつぜん兄のルームメイトのラッシュが帰ってきた。空母ミッチェルの故障修理のため、母港にひき返してきたのだ。仕方なく二人は、ぎこちない共同生活を始めることになった。失恋の痛手を負ったリンディと、かつて恋人に裏切られ、女性に不信感を抱いているラッシュ。二人は最初、ささいなことでもぶつかるが、しだいに惹かれ合う。それに気づいたリンディは、自分の気持を彼に素直にぶつけた。しかし、ラッシュはなかなか心を開こうとしない。リンディは失意の反動で自分に好意を持っただけなのだと…。

Book Description
Falling for a man in uniform can be hard . . . New York Times bestselling author Debbie Macomber weaves emotional tales of love and longing. Here is the first of her celebrated NAVY series! Impulsive, wounded, vulnerable, Lindy Kyle was unprepared for a roommate like Rush Callaghan. Strong, sensitive and sexy, the temporarily dry-docked naval officer was everything she'd ever dreamed of in a man . . . in a husband. But Rush placed duty to his country above all else. Though he and Lindy were swept away on a tide of passion, he was called back to sea. They say absence makes the heart grow fonder -- but will their marriage survive their partings?
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

結婚相手は最高?―ブライダル・ブーケ〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十年間におよぶ愛の思い出が炎にのまれていく。十二歳のときから思いつづけたいとこのクリスの写真や、彼がくれた贈り物の数々を、ポピーは涙ながらに焼き捨てた。だが、クリスの兄で同族会社の社長を務めるジェームズは、それを見て、冷酷に言い放った。「クリスはもう結婚した。あいつはきみを愛したこともなければ、これから愛することもない。いいかげん大人になったらどうだ」陽気で優しいクリスとは違い、ジェームズは気難しく、なにかにつけてポピーにつらくあたるのだ。そんなジェームズに通訳としてイタリアに同行し、四日も一緒に過ごさなければならないなんて悪夢のようだ。しかし、本当の“悪夢”は彼女の想像をはるかに超えるものだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

魔女に恋した夜は―ドノバン一族は魔法使い〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“魔女の木”と呼ばれる大木が静かに倒れた夜、モーガナ・ドノバンはこの世に生まれた。そして二十八年後…モンテレーに魔女がいるという噂を聞きつけて、シナリオライターのナッシュ・カークランドが取材にやってきた。何本かホラー映画をヒットさせた彼は、迷信や言い伝えを使って人々の恐怖心を揺さぶり、怖がらせたり楽しませたりするのが自分の仕事と考えていた。探しあてた女性が経営するクリスタルとハーブの店の名はWICCA―ウィッカとは魔女を意味する古代英語だ。村を駆け回って魔法をかけている老婆の姿が目に浮かぶ。が、やがて彼の前に現れた“魔女”は…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
シルエットを代表する作家の一人で、アメリカ・ロマンス作家協会(RWA)の特別会員。幾度もRWAの金賞に輝いている。ニューヨークタイムズ・ベストセラーリストの常連であり、記録的な人気と実力を誇る彼女は、たびたびマスコミに紹介され、広く注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

幸せはあとから (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、ホワイトホーンの牧場に女の赤ちゃんが捨てられていた。その世話を任させた社会福祉士ジェシカと私服刑事のスターリングは赤ちゃんに孤独を癒されながら、やがて愛し合うことに。一方、うわさのメアリー・プラマーは…。ダイアナ・パーマーが描く『ホワイトホーン・マーヴェリック』シリーズ、待望の1冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
新聞記者から出発してフィクションの世界に天職を見いだした。シリーズ・ロマンスで、いまもっとも売れている作家の一人。総発行部数は1000万部を超え、数々の受賞歴を誇る。アメリカ、ジョージア州在住。大の親日家で、日本の言葉と文化を学んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プリンセスにキスしたら―カラメールの恋物語〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いつも公務に追われるカラメールのアドリエンヌ王女は、ある日変装し、お忍びでニュイ記念祭へと出かけた。だが酔ったカウボーイにからまれ、乱暴されそうになる。危ういところを助けてくれたのは、アメリカ人の男性だった。彼に感謝しながらも、身元がばれてしまうのをおそれ、アドリエンヌは早々にその場を立ち去った。そして、その夜の晩餐会。「殿下、これは実に驚いた」低い声に、彼女は凍りついた。まさか昼間のアメリカ人が、招待客のひとりだったとは。ヒューという名の彼は、パーティの終わりにこう尋ねた。「今度はいつ会える?」秘密を知られているアドリエンヌは断れなかった。

宝さがしの夜―ロマンス・メーカー〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“フリートウッド家の花”―それは、サラの先祖エメリーナが自分の土地のどこかに埋めた五組のイヤリングだという。ロマンス作家のサラはその伝説の“花”の存在を知ったとき、自分の小説の題材にも使えると、さっそく宝さがしを思いたった。その準備段階として冒険専門家のギデオンという男と文通を始めた彼女は、いつしかイヤリングと彼と自分との間にふしぎな結びつきを感じ、運命的な出会いを期待するようになってしまった。彼の手紙の文面からは突き放した冷たさの反面、誠意も感じられる。ずうずうしいと思いながらも、サラは宝さがしの協力を求めにいきなりギデオンの家を訪ねることに決めた…。

内容(「MARC」データベースより)
ロマンス作家のサラは、先祖が埋めたという「花」の伝説を知り、宝さがしを思い立つ。準備のため、冒険専門家のギデオンという男と文通を始めた彼女は、やがて彼に運命を感じ始める。そして、いきなり彼の家を訪ねるのだが…。

恋より情熱的に―プレイボーイの誘惑〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ハリーはシドニーの広告代理店の社長。地位も富も手に入れ、優雅な独身生活を謳歌している。そんなある日、親友のリチャードが泣きついてきた。投資先の会社が経営者を突然事故で失い、株が大暴落したのだ。しかも、その会社の相続人は奥地で暮らすウエートレスだという。株価を上げるには彼女を社長にすえ、経営を立て直さなければならない。ハリーは親友を助けるべく、さっそく奥地へ飛んだ。心配したとおり、相続人のタニアは、見るからに田舎娘だった。だが、挑戦好きのハリーはかえって意欲に燃える。この僕が彼女を社長にふさわしい女性に仕立てあげようじゃないか。タニアのほうは、突然現れたハンサムな男性に目が釘づけだった。都会のプレイボーイタイプになど惹かれてはいけないのに。タニアはかつて苦い経験を味わっていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

公妃の憂鬱―ロイヤル・ウェディング〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「噂を封じるためには、君の協力が必要だ」夫であるサン・リナルド公ダミアーノの言葉は、ソフィアの胸に冷酷そのものに響いた。二人の離婚の噂を封じるために、一緒に公の場所に出て、幸せな妻を演じてほしいというのだ。幼いころから思いを寄せていたダミアーノの妻になって三年半。公国の君主として、彼はいつも公務に没頭している。しかも結婚当初から、レディー・フィオナとの関係が噂されていた。夫婦の間にはいさかいが絶えず、八カ月間も別居状態のままだ。夫を愛してはいても、報われない愛にこれ以上心を悩ませたくない。だが、ダミアーノの要求を拒否しようとするソフィアに、彼は、さらに残酷な言葉を浴びせてきた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハワード,ステファニー
スコットランド生まれ。ロンドンに出て経済学を学び、数々の女性誌を舞台に、十年間にわたってジャーナリストとして活躍した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[コミック・アニメ「ラブミック」] [司馬遼太郎〜歴史・時代小説]

ooo上野情報.comooo 巣鴨で散策!ooo 文の京!文京区!ooo IIS設定備忘録ooo 千葉の事。ooo 100均より安いooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo パソコン.コレクションooo フード、ドリンク.コレクションooo 千葉の滝さがしドットコムooo 家電、AV機器.コレクションooo 千葉文化ぶんか!ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo アメ横一番!ooo 千葉県の大学一覧ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 台東クラブooo よい街、品川ooo AV機器ooo