ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ホワイトホーン・マーヴェリック (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ダイアナ・パーマー、アン・メイジャー、そしてスーザン・マレリー。3人の人気作家がモンタナ州の小さな町、ホワイトホーンを舞台に描く、熱い恋とすてきな人生の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マレリー,スーザン
シルエット・シリーズを中心に執筆し、大手書店及び新聞雑誌などのベストセラー・リストの常連でもある人気作家。シルエット・スペシャル・エディションでは、本作「ホワイトホーン・マーヴェリック」のスピンオフを含め9月から彼女の作品が連続刊行される。南カリフォルニアに住む

メイジャー,アン
主にシルエット・ディザイアで活躍する。マロンス小説を読むのも書くのも好きだと公言するだけあって、等身大の登場人物、しっかりしたストーリーライン、セクシーな描写が読者の心をつかみ、同シリーズでもトップ作家の一人にのぼりつめた。趣味は夫とコロラド山中をハンキングすること(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時は、やさしく―未来から来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
故郷も、家族も、自由さえも捨てさせて、兄を奪ったのは、いったいどんな女性なんだろう?ジェイコブ・ホーンブローワーは二年という歳月をかけて、兄の居所をつかみ、正確に目的の場所に到着した。その、雪のオレゴン州クラマス山中の山小屋では、サニー・ストーンがひとりで姉夫婦の留守を預かっていた。二十三歳になるのに自分の進むべき道が見つからず、彼女は、なにか大きなことがしたいと模索中だった。そんなところへ突然現れたジェイコブという男。実に不可解な存在で、義兄の弟だというけれど…。サニーは知る由もなかった―彼が、兄を連れ戻すために時空をこえてタイムトラベルしてきた、二十三世紀の人間だということを。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ド・レーシ家の物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十三世紀末のイングランド。国王から結婚を命じられ、エイズリー・ド・レーシは怒りと落胆を感じていた。それも国王の騎士の中から、勝手に夫を選べと強要されたのだ。でも、もしわたしがとんでもない相手を選んだら、無理に結婚しなくてもいいと言われるのでは?そう、“赤い騎士”と呼ばれるモンモランシー男爵なら…(「悪魔の花嫁」)。ベルブライの領主ニコラス・ド・レーシの胸は怒りにたぎっていた。八つ裂きにしても飽き足らない恨みのあるヘクサム男爵を、妹の夫に先に討ち取られてしまい、憎しみのはけ口がない。悶々としていたある日、国王から急使が遣わされた。ヘクサム男爵の唯一の後継者である彼の姪ジリアンを妻とせよという。ニコラスは復讐の想像にゆがんだ笑みを浮かべつつ花嫁を城へ迎えた(「尼僧院から来た花嫁」)の2作を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
オハイオ州マンスフィールド生まれ。二児の母。ジャーナリストをへて、作家となる。日本で一番の人気を誇るヒストリカル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ド・レーシ家の物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十三世紀末のイングランド。国王から結婚を命じられ、エイズリー・ド・レーシは怒りと落胆を感じていた。それも国王の騎士の中から、勝手に夫を選べと強要されたのだ。でも、もしわたしがとんでもない相手を選んだら、無理に結婚しなくてもいいと言われるのでは?そう、“赤い騎士”と呼ばれるモンモランシー男爵なら…(「悪魔の花嫁」)。ベルブライの領主ニコラス・ド・レーシの胸は怒りにたぎっていた。八つ裂きにしても飽き足らない恨みのあるヘクサム男爵を、妹の夫に先に討ち取られてしまい、憎しみのはけ口がない。悶々としていたある日、国王から急使が遣わされた。ヘクサム男爵の唯一の後継者である彼の姪ジリアンを妻とせよという。ニコラスは復讐の想像にゆがんだ笑みを浮かべつつ花嫁を城へ迎えた(「尼僧院から来た花嫁」)の2作を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シモンズ,デボラ
オハイオ州マンスフィールド生まれ。二児の母。ジャーナリストをへて、作家となる。日本で一番の人気を誇るヒストリカル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

赤ちゃんはキューピッド―恋人はネイビー〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
別れた夫を誘惑する。そして彼の子供を身ごもるのだ。キャロルにはそれしか考えられなかった。三十歳を迎え、子供を産むにはいまがぎりぎりの年齢だし、子供の父親としては、不幸な誤解から離婚したとはいえ、いまも思いを寄せる海軍士官のスティーヴしか考えられない。彼に求めるのは情熱的な一夜だけ。うまく妊娠することができれば、再び別れることになるだろう。一方、妻と雇主との不倫を信じ、離婚に踏みきったスティーヴも、いまだにキャロルへの思いは断ち切れていなかった。ひさしぶりの再会に、二人は激しく愛を交わし、キャロルは自分の計画がうまく運んだことを確信する。これで、かわいい赤ちゃんが抱ける。そう思って、こみあげる喜びをかみしめるキャロルだったが…。

Book Description
She needed just one night with him . . . Despite her ex-husband's bullheadedness, Carol Kyle knew he'd be the perfect man to father the child she so desperately wanted. Yet she also realized that the strong, honorable man would never allow his child to be raised without a father. So Carol needed to plot, to plan, to maneuver, to seduce Steve into her bed for one last time . . . And then once more. Still, the passion when they were together was never the problem -- it was the absences that tore them apart. Had they grown enough to chance trying again -- especially when Carol's plan seemed about to work?
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

アラビアの花嫁―華麗なる転身〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従姉のエリカと同居していたフレディは、遊び回る従姉に代わって、彼女の子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカの事故死でそんな暮らしが一変する。フレディはベンを自分の手で育てたいと願うものの、定職を持たないので生計を支える手段がなく、ベンの父親が送ってくる多額の養育費に頼る日々だ。思案に暮れるフレディの前にある日、見知らぬ男性が現れた。クアマール王国の皇太子ジャスパー・フセインなる人物で、ベンの父親の弟だという。「母親失格の君からベンを保護するのが僕の役目だ」驚くフレディに、皇太子は甥を国に連れて帰ると宣言した。わたしをエリカと間違えているんだわ。戸惑いつつも、ベンと別れたくないフレディはある奇策を思いついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

振り向けばいつも―パリから来た恋人〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ステファニーは映画会社のマーケティング担当者として、出資者のフランス人実業家ミシェル・ラニエと会合を持った。予想外だったのは、ミシェルの兄ラウルも同席していたことだ。兄弟で多国籍複合企業の実権を握っているとあっては、ラウルの意向も無視できないようにステファニーには思えた。ひととおり話し合いが終わったあとで、ラウルが強引な要求をした。ディナーの席を設けて、さらなる話し合いをしたい、と。小さな子供を持つステファニーは断るが、結局押し切られてしまう。そして食事の間も、ラウルは終始攻撃的な態度で彼女を挑発した。彼の傲慢さに我慢できず、ステファニーはついに憤然と席を立った。あなたとはあと一分でも一緒にいたくない、と宣言して。翌日、ステファニーのオフィスに、彼から薔薇の花束が届けられた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で生涯の伴侶を得たというロマンスの持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

冬の花嫁たち―『片思いの日々』『ダーリンと呼ばないで』 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『片思いの日々』マチルダは最近、両親とともに小さな村に引っ越してきたばかり。村の診療所が受付係を募集していると聞き、家計を助けようと面接を受けた。運よく採用された彼女の目に、ドクター・ラヴェルは魅力的な男性に映る。実際、ひと目見た瞬間、恋に落ちてしまったのだ。でもわたしは美しくないし、ドクターには婚約者がいるという。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。『ダーリンと呼ばないで』つき合っていた恋人に捨てられ、エイミーの気分はどん底だった。こんな精神状態のまま、個人秘書の仕事がつとまるだろうか。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。だが固い決意も虚しく、エイミーはなすすべもなくジェイクの手に落ちた。さらに驚くべき事態が生じる。妊娠を理由に結婚を申し込まれるなんて。

内容(「MARC」データベースより)
村の診療所の受付係に採用されたマチルダは、ドクター・ラヴェルをひと目見た瞬間、恋に落ちてしまった。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。「片思いの日々」「ダーリンと呼ばないで」の2編を収録。

愛の国コルディナ〈1〉ムーンライト・パレス/華麗なる幕開き (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『ムーンライト・パレス』―あれはもう十年も前のことになる。地中海に面したおとぎの国のようなコルディナで、初めてガブリエラ王女と出会ったのは…。リーブは、ひと目見たときから王女に淡い恋心を抱いてしまった。だが、今の王女はどうだろう―何者かによって誘拐され、ようやく自力で脱出したものの、生気を奪われたような顔で、ベッドに横たわっている。しかも、すべての記憶を失って…。『華麗なる幕開き』―アレクサンダー王子が部屋に入ったのは、まさにそのときだった。イブの黒髪には、寝そべっている弟ベネット王子の指がからまり、ふたりのからだはいまにも触れあわんばかりだ。イブが主宰する劇団に、コルディナでの公演を要請した彼は、イブのそんな様子をひと目見て息をのんだ。七年前、純真な少女だったイブに舞踏会で初めて会って以来、アレクサンダーは恋心を抱きつづけてきたのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州に育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間14作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アラビアの花嫁―華麗なる転身〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従姉のエリカと同居していたフレディは、遊び回る従姉に代わって、彼女の子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカの事故死でそんな暮らしが一変する。フレディはベンを自分の手で育てたいと願うものの、定職を持たないので生計を支える手段がなく、ベンの父親が送ってくる多額の養育費に頼る日々だ。思案に暮れるフレディの前にある日、見知らぬ男性が現れた。クアマール王国の皇太子ジャスパー・フセインなる人物で、ベンの父親の弟だという。「母親失格の君からベンを保護するのが僕の役目だ」驚くフレディに、皇太子は甥を国に連れて帰ると宣言した。わたしをエリカと間違えているんだわ。戸惑いつつも、ベンと別れたくないフレディはある奇策を思いついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[スペイン文学を知りたい!!] [SFまんた]

ooo天国的お魚の道@千葉ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 千葉の駅集めましたooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo なでしこJAPANooo 将棋好き好き@千葉ooo 渋谷ぶらりooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo 新鮮 魚料理を食すooo A&Dooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo 千葉県の重要文化財一覧ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 芸能人女子フットサルooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo Rest for a momentooo 千葉とんかつooo